リストラ失業者、6月41万人に 失業率2.8%、雇用厳しく

2020/7/31付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

総務省が31日発表した6月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント低下の2.8%だった。改善は7カ月ぶり。新たな求職者が減り、完全失業者数(同)が前月に比べて3万人減った。前年比でみると失業者(原数値)は33万人増え、このうち19万人は勤め先や事業の都合による離職だった。厳しい雇用環境が続いている。

リストラによる失業者は41万人で、前年から19万人増えた。増加幅は2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]