松山15位発進 世界選手権ゴルフ

2020/7/31付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【メンフィス(米テネシー州)=共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズで欧州ツアーを兼ねるフェデックス・セントジュード招待は30日、テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(パー70)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は4バーディー、2ボギーの68で回り、15位とまずまずのスタートを切った。首位とは6打差。

前年覇者のブルックス・ケプカ(米国)が62でトップ、2打差の2位にリッキー・ファウラーとブレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]