量子計算機で産学結集 東大・みずほ・日立など協議会 ソフト開発軸足

2020/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

次世代の高速計算機、量子コンピューターの実用化へ国内の取り組みが本格化する。30日、東京大学を主体に産学の協議会が発足した。みずほフィナンシャルグループ(FG)や日立製作所が加わり、米IBMとも連携しソフトウエア開発などを加速する。米中主導で開発競争が激化する中、材料探索や金融分野で早期の応用をめざす。

30日発足の「量子イノベーションイニシアティブ協議会」にはトヨタ自動車、三菱UFJフィナンシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]