再生エネへの送電線開放、電事連会長「不安」

2020/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

電気事業連合会(電事連)の池辺和弘会長(九州電力社長)は30日までに日本経済新聞社のインタビューに応じ、送電線を再生可能エネルギーに開放する国の取り組みについて「電力の安定供給面で不安だ」との考えを示した。電力の需給バランスが崩れる際などに、再生エネの電力を確実に制御できる制度の設計を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]