/

この記事は会員限定です

診療歴を一括把握

マイナンバーカード活用

[有料会員限定]

厚生労働省は医療機関が患者の診療歴を一括で把握できる仕組みを2022年夏までに導入する。患者が健康保険証代わりにマイナンバーカードを活用した際に過去の情報を得られる。問診などの負担を軽減し、医療の質を高める。

30日に示した工程表によると、まず21年3月に特定健診(メタボ健診)のデータを得られるようにする。21年10月に薬の処方情報も加える。22年夏から手術や透析をどの医療機関で受けたかといった範...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン