/

この記事は会員限定です

シェル、最終赤字1.9兆円

4~6月、資源安で巨額減損

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】国際石油メジャーの業績が大きく悪化している。英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルが30日発表した2020年4~6月期連結決算は、最終損益が181億ドル(約1兆9千億円)の赤字に沈んだ。資源価格の低迷を受けた減損損失が響いた。仏トタルもカナダ事業で減損がかさみ、83億ドルの最終赤字になった。

シェルの最終赤字幅は四半期として過去最大だ。北米事業の撤退による費用が生じた15年7~9月期(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り659文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン