信金が承継支援 老舗の味を残す

2020/7/31付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

事業承継後も静パックのグループ企業としてカクゼン桑名屋の名前は残った。親族にも従業員にも継承する人がいなかった老舗菓子店の味を残すのに一役買ったのが、静岡県事業引継ぎ支援センターと、しずおか焼津信用金庫(静岡市)だ。

「設備が古くなり、後継者がいない。(廃業して)仕入れ先や販売先など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]