/

この記事は会員限定です

電力逼迫、企業対応急ぐ

コンビニ調理時間変更、工場稼働停止

[有料会員限定]

東京電力管内で27日の電力需給が厳しい見通しを示す「電力需給逼迫注意報」が初めて発令されたことを受け、企業が対応に追われた。コンビニエンスストアは電気を多く使う調理の時間をずらしたほか、電力消費の多い製造業の拠点では生産を一時停止するなどの対応をとった。電力不足は構造的な問題になっており、企業には継続的な節電が求められる。(1面参照

「無理のない範囲で、できる限り節電に協力してほしい」。経団連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン