/

この記事は会員限定です

自粛警察 身勝手な正義感

コロナ禍で個人攻撃や妨害 「同じ立場なら…と考えて」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染防止の意識が高まるなか、非協力的と見えた他人を一方的に糾弾する「自粛警察」が広がった。飲食店への嫌がらせや県外ナンバーの車を威嚇するなどの問題行為だ。個人の判断に委ねられる自粛を、執拗に強制する心理は何か。背景などを探った。

4月末、横浜市内のオフィス街にある居酒屋「バンバン番長」の飛田和晃店長は張り紙に書かれた落書きをみて息をのんだ。黒マジックで「バカ、死ね、潰れろ!」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン