古今東西 あの出来事チェルノブイリ原発事故(1986年) 影響、最悪の「レベル7」

2020/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1986年4月26日、旧ソ連ウクライナ共和国の首都キエフから北へ130キロメートル離れたチェルノブイリ原子力発電所で史上最悪の原発事故が起きた。4号機の原子炉を止める試験中の操作ミスや設計上の欠陥で制御できなくなり爆発した。原子炉建屋が壊れ、大量の放射性物質をまき散らした。

原発事故の影響を判断する国際原子力事象評価尺度(INES)は最悪の「レベル7(深刻な事故)」。拡散した放射性物質は上空を流…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]