かがくアゴラ映像監視、コロナで活用増 イーグルアイネットワークスCEO ディーン・ドレイコ氏

2020/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コロナウイルス感染症の拡大で、サーマルカメラによる感染者検知など監視カメラの活用が注目されている。クラウド方式の映像監視システムを世界展開する米イーグルアイネットワークスのディーン・ドレイコ最高経営責任者(CEO)は、発熱検知や人工知能(AI)を組み合わせた映像監視事業を強化すると表明。同社が採用する中国製監視カメラを米政府が排除することについて「中国製以外の様々なカメラに対応できるので問題はな

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]