アビガン、効果検証続く
藤田医大は有効性確認できず コロナ治療薬承認に慎重

2020/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されているアビガン(一般名ファビピラビル)の効果について結果が出始めた。藤田医科大学は10日、解熱が早まる傾向があったが有効性は確認できなかったと公表した。国内では藤田医大を含め効果を調べる試験などが3つ並行して進む。実用化すれば国産初の治療薬となるため期待は大きいものの慎重な検討も必要だろう。

アビガンは細胞内でウイルスの遺伝子が増えるのを抑える働きが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]