/

この記事は会員限定です

ロシア産石油、価格上限案 G7首脳会議

戦費調達を抑制 制裁の実効性確保

[有料会員限定]

【エルマウ(独南部)=南毅郎】26日開幕した主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、ロシア産石油の取引価格に上限を設ける案が浮上していることがわかった。G7はウクライナに侵攻したロシアに経済制裁を科すが、石油価格の高騰もありロシアの外貨獲得は続いている。価格上限の設定が実現すれば、ロシアの戦費調達の抑制につながる可能性がある。(関連記事総合面に)

米ブルームバーグ通信によると、石油タンカーの船舶保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン