/

この記事は会員限定です

夏祭りで復興へ元気を 石川・珠洲、鳥居倒壊の神社

予定通り3年ぶり開催

[有料会員限定]

石川県珠洲市を襲った震度6弱の地震で鳥居が倒壊した春日神社は、祭りの会場や子供たちの遊び場として古くから地域住民に親しまれてきた。7月の夏祭りは「余震が続けば中止か」「鳥居がない神社でできるのか」と心配する声も上がったが、予定通り開催することになった。27代目宮司の葛原秀史さんは「日常を取り戻す活力になる」と話す。

「これがうちかとうろたえた」。葛原さんは被害を知った瞬間をこう振り返る。

震度6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン