秋山、初の複数安打 1番で本来の輝き

2020/7/30付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

レッズの秋山が慣れ親しんだ1番で本来の輝きを放った。初の2安打に、初得点もマーク。30日(日本時間31日)に期待されるダルビッシュ(カブス)との対戦を前に「結果を出してダルビッシュさんのときに打線にいられるか。毎日の繰り返し」との姿勢に徹し、好結果でアピールした。

相手先発は開幕戦で3安打完封している技巧派右腕ヘンドリックスだった。1打席目は空振り三振に倒れたが、三回は内角いっぱいの速球を右前打…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]