/

この記事は会員限定です

バイオ医薬品 遺伝子や核酸、実用化進む

[有料会員限定]

世界の製薬大手が開発する新薬候補の多くは、病気の原因になる分子を標的にした「抗体医薬」などの「バイオ医薬品」だ。米医薬サービス・調査会社IQVIAによると、医療用医薬品の2021年売上高の上位10品目のうち半数以上をバイオ医薬品が占め、製薬大手の収益を支えている。

次世代薬として期待が高いのは遺伝子情報の活用だ。特定の遺伝子を体内に入れ、正常な機能を果たしていない遺伝子の役割を補うことなどを目指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン