/

この記事は会員限定です

検査体制 なお不十分

PCR1日3.5万件 諸外国に見劣り

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が拡大する東京都や大阪府など大都市圏では、検査の陽性率が上昇し続けている。検査体制はなお不十分で感染者の増加に追いついていない恐れがある。4月の「第1波」で指摘された目詰まりの解消が急務だ。

厚生労働省の公表データによると、27日のPCR検査の実施人数は過去最多の2万4千人に達した。1日約3万5千件の検査能力の7割の水準まで高まった。

検査体制は逼迫し始め、東京都は抗原検査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン