/

この記事は会員限定です

コロナ出向終え本業復帰 観光関連、正常化へ備え

ANA、7割帰任 イオンは受け入れ終了

[有料会員限定]

新型コロナウイルスで打撃を受けた観光産業などから外部に出向した人材が本業に戻りつつある。3月に感染対策の行動制限が全面解除され旅行需要などが回復に向かっていることが背景だ。航空大手では全日本空輸(ANA)で累計出向者の7割が帰任し、イオンは6月末に他社からの受け入れを終了する。人手不足も懸念されるなかで、出向人材を復帰させて経済正常化に備える動きが本格化している。

ANAでは企業や自治体などに出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン