/

この記事は会員限定です

中絶禁止、米複数州で発効 最高裁が「合憲」覆す判決

バイデン氏「悲惨な誤り」

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米連邦最高裁判所は24日、人工妊娠中絶を合衆国憲法上の権利と認めた1973年の判決を覆す判断を下した。判断を受け、南部ルイジアナやアーカンソーなど各州で中絶を事実上禁じる州法が発効した。バイデン大統領は最高裁の判断を「悲惨な誤りだ」と非難した。(関連記事総合面に

最高裁は中絶の権利を認めた73年の「ロー対ウェード判決」を無効として、中絶の是非を各州に委ねる考えを示した。中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン