/

この記事は会員限定です

病児の親に出来たて料理

横浜の病院にキッチンカー ボランティア団体「家族を笑顔に」

[有料会員限定]

神奈川県立こども医療センター(横浜市)の医師らでつくるボランティア団体が、センターにキッチンカーを呼ぶ取り組みを始めた。小児がんなどで入院治療中の子どもに付き添う親に、出来たての料理を提供しようという試みだ。親には食事が出ず、毎食コンビニ弁当で済ませるケースも多い。おいしい料理で笑顔にしたいという。

「温かいうちに食べてね」。6月6日昼、センターの敷地内に黄色いキッチンカーが止まった。患者家族や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません