/

この記事は会員限定です

ミラーレスカメラの進化 自動ピント、瞳逃さず

[有料会員限定]

「日経エンタテインメント!」という雑誌の編集者なので俳優やアイドルの撮影に立ち会う機会が少なくない。そこで最近、カメラマンの動きが昔と違うなと感じた。ファインダーをのぞかず撮影することが増えているようなのだ。

先日もある若手俳優の撮影で、カメラマンがそういう撮り方をしていた。聞いてみると「最近のカメラは瞳にフォーカスを合わせ続けてくれるので、こちらは写真をどんな構図にするかに集中できるんです」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン