/

この記事は会員限定です

日銀「インフレ一時的」 緩和継続、景気回復を優先

利上げの欧米と差

[有料会員限定]

欧米を中心とした利上げの動きに日銀が背を向けている。物価の伸びは目標の2%を超えるが、「一時的」と大規模緩和を継続する意向だ。一時的と主張してきた欧米中銀は、歴史的なインフレに見舞われ政策転換を余儀なくされた。参院選でも物価高対応は大きなテーマとなり、国民が大規模緩和をどう判断するのか日銀も試される。(総合2面参照

「数値は予想された範囲内。利上げする必要はどこにもない」。総務省による5月の物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン