/

この記事は会員限定です

洋上風力バトル4 北の漁師の譲れぬ一線

[有料会員限定]

年間を通じて強い海風が吹く秋田県沖4海域の想定出力は、約200万キロワット。三菱商事連合が落札した2海域にくわえ、八峰町・能代市沖の「促進区域」、男鹿市・潟上市・秋田市沖の「有望な区域」が隣り合う。秋田県漁業協同組合理事の伊藤貴洋は「多くの漁師は『生活が良くなる』との思いで計画に賛成した」と打ち明ける。

伊藤がまとめた潟上市天王地区の漁協組合員は78人。漁師になった24年前は180人近い組合員が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン