/

この記事は会員限定です

田んぼダムで豪雨に備え 低コスト排水対策

栃木の2市、流域市町にも普及促す

[有料会員限定]

台風や豪雨時に水田に一時的に水をためる「田んぼダム」の活用が栃木県内の自治体で広がっている。小山市に続き、2020年は宇都宮市も実証実験を行う。田んぼダムはダム建設や河川改修に比べ即効性があり低コストなのが特徴だ。より効果を高めようと、先行自治体は流域の市町にも普及促進を呼びかける。

水田は稲の生育のためにもともと水をためる機能を持っている。田んぼダムは排水口から出る水量を専用の調整マスなどで絞る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン