/

この記事は会員限定です

超小粒化するIPO

市場急変、量より質で選別

[有料会員限定]

新規株式公開(IPO)の「超小粒化」が鮮明になっている。市場吸収額(公募と売り出し金額の合計)が100億円を超える企業は1~6月を通してゼロで、春先の市場急変で中大型のIPOが軒並み見送りとなった後遺症が残っている。IPOの変質が新興市場全体にも悪影響を及ぼしかねないなかで、したたかな個人投資家は「量」から「質」にシフトし、選別を強めている。

「公募割れも多いし、これは、というめぼしい銘柄がない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン