パンパシHD、前期営業益15%増
「ドンキ」でマスク好調 「新常態」品ぞろえ奏功

2020/7/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「ドン・キホーテ(ドンキ)」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)の2020年6月期の連結営業利益は、前の期比15%増の720億円強だったようだ。従来予想(13%増の710億円)を上回る。新型コロナウイルス下で確保したマスクや消毒液などの販売が好調だった。在宅に伴い需要が増えた商品も伸び、「新常態」に対応した。

19年7月~20年3月期の連結決算を発表し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]