/

この記事は会員限定です

東北学院大、仙台都心でキャンパス集約

来春に開設 広域から学生募集狙う

[有料会員限定]

東北最大の総合私立大学である東北学院大学が仙台市の都心、五橋エリアで進めている新キャンパスの建設が佳境を迎えている。2023年4月の開学を目指し、これまで分散していたキャンパスを都心に集約する。都心集約で利便性や学際性を打ち出し、東日本全域から学生を集められるよう知名度向上を狙う。

「昔は北関東や北海道まであらゆるところから学生が集った。もう一度名実ともに『東北』の大学にしたい」。東北学院大の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン