/

この記事は会員限定です

ESG投資時代の情報開示

[有料会員限定]

ESG投資を巡るグローバルな動きが急加速している。欧米ではESG投資の広がりに応じて、当局による環境整備が急ピッチで進められている。わが国でも今年3月には、機関投資家にESG要素の考慮を促すスチュワードシップ・コードが改訂されるとともに、東京証券取引所も上場会社向けにESG情報の開示の仕方についてハンドブックを公表した。

ESG投資とは、投資判断に際し、E(環境)S(社会)G(ガバナンス)課題に関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン