/

この記事は会員限定です

その商品、「環境配慮」は本当か

ビジネス・コラムニスト ヘレン・トーマス

[有料会員限定]

英国の広告自主規制機関、広告基準評議会(ASA)の判断が冷凍庫の冷気のように経営陣の背筋を凍らせた。狙い通りの効果と言ったところか。

ASAは6月上旬、英スーパー大手テスコに対し、同社の植物由来原料のハンバーグ製品は環境への負荷が低いことを示していないと指摘し、そうPRする広告の打ち切りを求めた。

奇妙な見解だ。みな食肉の消費を減らすのが地球環境のために好ましいとうすうす分かっている。ASAもそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン