/

この記事は会員限定です

診療報酬改定の影響低減

[有料会員限定]

調剤薬局は主に、薬価(公定価格)と仕入れ額の差額で稼ぐビジネスモデル。各社は新規出店で薬の調達量を増やし、仕入れ値を抑えて収益を高めて急成長してきた。しかしドラッグストアの調剤分野への参入や薬価引き下げで、経営は不安定になってきていた。

総合メディカルHDでも「努力の及ばないところで減益に陥ってしまうことが続いた」(坂本社長)。調剤薬局各社は事業モデルの転換が急務となっている。

上場企業では株主が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン