/

この記事は会員限定です

戦闘4カ月、下がる士気 ウクライナ兵脱走

火砲供与、要請の2割 ロシア軍内でも対立

[有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵攻は24日で発生4カ月を迎える。東部ドンバス地方の制圧に向けロシア軍は攻勢を続ける。反転攻勢を狙うウクライナは米欧の兵器供与が頼りだが、不足する火砲で決まったのは要請の2割前後にとどまる。戦闘の長期化で双方の損失は拡大しており、兵士の士気低下も目立ち始めている。

首都キーウ(キエフ)制圧に失敗したロシア軍は4月以降、ドンバス制圧に目標を切り替えた。米戦争研究所が公表する地図デ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません