/

この記事は会員限定です

JR九州の鉄道収入、7月55%減

豪雨・定期券収入減で

[有料会員限定]

JR九州は28日、7月の鉄道切符などの販売額(1~26日、速報値)が前年同月比55.2%減の72億円だったと発表した。大雨被害で熊本県などで一部路線が不通になったほか、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言解除で6月は定期券収入が増えたが、7月に再び減少したことも響いた。記者会見した青柳俊彦社長は「8月も予断を許さない」と危機感をにじませた。

7月上旬の大雨被害で久大本線や肥薩線の一部区間が運休。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン