/

この記事は会員限定です

農産品輸出の連携組織、富山県が発足

酒類や鶏卵に注力

[有料会員限定]

富山県は輸出拡大を目指す農産品の生産者や食品メーカーでつくる連携組織を発足させた。同県は農林水産物と食品を合わせた輸出額を2026年度に20年度比10倍の120億円に引き上げる目標を掲げており、連携組織を通じて事業者間の協力や情報交換を活発にする。品目としては日本酒やウイスキー、鶏卵などに注力する。

連携組織の名称は「とやま輸出コミュニティ」で、金融機関なども含めて96事業者が参加する。初年度は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません