/

この記事は会員限定です

大学のオンライン拡大了承 国際化へ英語授業が壁

中教審分科会 来年度にも単位上限緩和

[有料会員限定]

中央教育審議会大学分科会は22日、大学のオンライン授業の単位上限を緩和する文部科学省令改正の骨子案を大筋で了承した。海外の教員や学生を呼び込みやすくし、大学のグローバル化を推進したい考え。現状では英語による授業は限られる。多様な人材を集めるためにも、国際的に通用する教育プログラムを大学に広げていく必要がある。

「オンライン授業の活性化を踏まえた有意義な改正」「大学に創意工夫を促すもの」。22日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン