/

この記事は会員限定です

鹿嶋市の空き家で民泊

アントラーズDMO サッカー観戦の拠点に

[有料会員限定]

サッカーJ1の鹿島アントラーズなど民間4社と茨城県内5市で構成するアントラーズホームタウンDMO(鹿嶋市)は同市内の空き家を活用した民泊施設を開業した。空き家を観光やサッカー観戦の拠点づくりにつなげる可能性を探る。

民泊施設「Stay Rokko(ステイロッコウ)」は住宅地の2階建て民家を活用した。和室と2段ベッド付きの定員8人のドミトリー、セミダブルとシングルのツインの4部屋を用意した。料金は部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン