/

この記事は会員限定です

ロシア武器輸出 東南アジアに的

制裁で打撃、活路見いだす 米中対立の間隙ぬう

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也、モスクワ=小川知世】ロシアが東南アジア各国への武器輸出を拡大している。新型コロナウイルス対策で防衛費の圧縮が迫られるなか、各国に好条件での売り込みを図っている。米欧の制裁を受けるロシアは東南ア各国との関係強化に活路を見いだしている。

ロシアのウォロビヨワ駐インドネシア大使は7月上旬の記者会見で、同国によるロシア製の戦闘機「スホイ35」の購入に期待を示した。ロシアは11機のス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1179文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン