/

この記事は会員限定です

中外薬、純利益48%増

1~6月最高益、血友病薬が好調 時価総額一時10兆円超

[有料会員限定]

中外製薬が27日発表した2020年1~6月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比48%増の1022億円だった。上半期としては過去最高だ。血友病治療薬が好調で海外販売を担う親会社のスイス製薬大手ロシュからのロイヤルティー収入も伸びた。新型コロナウイルスの治療薬候補への期待も集まり、時価総額は2月から国内製薬大手で首位が続く。

売上高にあたる売上収益は15%増の3681億円。自社開発した血...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン