/

この記事は会員限定です

ミナミ、訪日客消え閉店次々

「このままではシャッター街に」

[有料会員限定]

コロナ禍が大阪・ミナミの風景を一変させている。にぎわいをけん引してきた訪日外国人客(インバウンド)が消え、一等地のドラッグストアや老舗飲食店は撤退に追い込まれた。戻りつつある人通りも店舗の売り上げ回復にはつながらず、シャッター街化への懸念すらささやかれる。ミナミはどこへ向かうのか。

心斎橋筋北商店街の一角。インバウンドに人気の天ぷらチェーン店が閉店し、テナント募集広告が貼られていた。同商店街振興組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン