/

この記事は会員限定です

商品情報、クラウドで共有

製配販34社が実用化へ

[有料会員限定]

メーカーや卸、小売りがそれぞれで管理する商品のコードや原材料などの情報「商品マスタ」を共有する動きが進む。製配販の約260社が加盟する一般社団法人「リテールAI研究会」(東京・千代田)は、クラウド上で各社の商品マスタを共有する実証実験を始めて、一部の大手企業が2023年春までに実用化する方針だ。

同研究会に加盟するディスカウントストア大手のトライアルホールディングス(福岡市)、食品卸大手のヤマエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン