/

この記事は会員限定です

東京ディズニーの入場制限、コロナ後も

満足度向上狙う 成長の新たなモデル

[有料会員限定]

東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は新型コロナウイルスの感染収束後も入場制限を続ける方針だ。アトラクション利用前の長時間の行列を解消し、顧客の満足度を高める。

コロナ禍で事業環境が大きく変わり、多くの企業は新たな成長モデルを模索している。大型投資をてこに「量的拡大」を遂げてきたOLCの軌道修正は、ほかの企業にも影響を与えそうだ。

同社は中期経営計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン