/

この記事は会員限定です

米、中国共産党を標的

米国務長官「新同盟で対抗」 「新冷戦」の様相強まる

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】ポンペオ米国務長官は23日、対中国政策について演説した。習近平(シー・ジンピン)国家主席をトップとした共産党政権を痛烈に批判し、民主主義国家による新たな同盟を構築して対抗すべきだと訴えた。中国の反発は確実で、「新冷戦」とも目される米中対立は新たな段階に入る。

(関連記事総合3面に)

訪問先のカリフォルニア州で演説した。強権的な手法で影響力を強める中国に対し「私たちが共産主義の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン