/

この記事は会員限定です

感染警戒 人出に濃淡

出雲大社は増、横浜中華街は減 連休初日に自粛の動き

[有料会員限定]

国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」事業が始まって最初の連休初日となった23日、各地の人出の増加は限定的だった。新型コロナウイルスの感染への警戒が広がり、外出を自粛する動きが出たようだ。海外では飲食店の営業時間を再び制限する国も出ている。感染拡大の防止と経済活動の両立が日本でも課題だ。

横浜市の観光名所、横浜中華街の人通りは例年より大幅に少なかった。通常の観光シーズンは人でごった返す。行列...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン