/

この記事は会員限定です

ドイツ、苦肉の石炭回帰

ロシア産のガス供給減なら 化学・鉄鋼、生産停止の影

[有料会員限定]

【ドーハ=林英樹、ベルリン=南毅郎】ドイツ政府は天然ガスの消費量を抑え、代わりに石炭火力発電の稼働を増やす緊急措置を決めた。脱炭素の旗振り役だったドイツが温暖化ガスを大量に排出する石炭火力に回帰するという苦肉の決断の裏には、産業界の強い危機感がある。ガス以外での代替が難しい化学やガラス、鉄鋼業界ではなお生産停止の影がちらつく。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン