/

この記事は会員限定です

〈外国人共生の実相〉技能実習生らに「妊娠なら帰国」

上智大調査、ベトナム女性「制限受けた」38% 不利な扱い禁止の周知急務

[有料会員限定]

アジアから来日し就労・就学する女性の16%が、送り出し会社などから「妊娠したら帰国」と制限を受けていた――。こうした実態が上智大の田中雅子教授(国際協力論)の調査で分かった。ベトナム人の女性では38%にのぼる。同教授は「妊娠・出産による不利な取り扱いは禁止されていることを周知する必要がある」と指摘する。

来日した技能実習生らが妊娠を周囲に打ち明けられず、孤立出産に至るケースが後を絶たない。「妊娠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン