/

この記事は会員限定です

<FT特約>G20支援の債務 猶予で格下げ

ムーディーズ、国連と対立

[有料会員限定]

米格付け会社ムーディーズが国連と対立している。この数週間で5カ国の格付けを引き下げる方向で見直すとしたことが発端だ。

同社は、20カ国・地域(G20)が主導する債務返済の猶予措置は民間債権者にリスクをもたらすとしている。格下げの検討に動いたのは、エチオピア、パキスタン、カメルーン、セネガル、コートジボワールの5カ国。いずれもG20が合意した返済猶予措置の適用を申請している。猶予措置は、G20とパリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン