/

この記事は会員限定です

AIカメラ 急速に普及

プライバシーの扱いが課題

[有料会員限定]

人工知能(AI)を組み込んだ、「AIカメラ」と呼ばれる監視カメラシステムが急速に普及しています。買い物客の動きの分析や、工場の生産ラインで作業者の目の代わりとなるほか、クマの出没検知など用途は様々です。一方で、顔認証などプライバシーに関わるデータの扱いが課題になっています。

AIカメラの代表的な使い方は、カメラが捉えた人物の属性を推定したり、行動を追跡したりするものです。AIが人物を検出し、顔の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン