/

この記事は会員限定です

■専門人材、23年度に14万人超

日本、育成の受け皿少なく

[有料会員限定]

矢野経済研究所によると、マーケティングや電子商取引などデータを分析・活用する専門人材の規模は2023年度に14万人を超えると予測する。18年度(4万4000人)比で3倍以上の需要がある一方、日本の対応は遅れている。

滋賀大学データサイエンス学部の椎名洋学部長によると、専門学部を設置する大学は17年時点で米国は130以上、中国は300を超える。

海外に比べ、日本の受け皿は少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン