/

この記事は会員限定です

「DX野球」の主流は一発狙い

打者3000人・30万投球を分析 投球進化で連打難しく

[有料会員限定]

野球が急速に変わっている。米大リーグの2000年以降のデータを分析したところ、直球のスピードがまして本塁打の比率は上昇し、一昔前の劇画のような豪快な野球になった。データを駆使した「DX野球」による進化の側面はあるが、一発狙いの大味な試合が増えた結果、ゲームの娯楽性が低下し、ファン離れにつながっている懸念もある。

米大リーグ機構が公表する試合のデータをもとに、00年から21年の延べ3000人超の打...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン