/

この記事は会員限定です

iPSから子宮頸がん抑制の細胞

[有料会員限定]

順天堂大学

 安藤美樹准教授らと東京大学などは、子宮頸(けい)がんの増殖を抑える免疫細胞をiPS細胞から作ることに成功した。マウスに投与する実験では、がんを小さくし生存期間を延ばす効果があった。臨床試験(治験)の数年以内の開始を目指す。

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が主な原因で起こる。再発すると抗がん剤や放射線治療などが効きにくくなる。新たな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン