/

この記事は会員限定です

メルティンMMI・CEO 粕谷昌宏氏

2040年代にはアバター完成

[有料会員限定]

「ヒトを体による限界から解き放ちたい」。ロボット開発のメルティンMMI(東京・中央)は人間の生体信号を読み取り、ロボットの体で動きを再現する「サイボーグ技術」を開発する。遠隔操作ロボットと、生体信号を活用した医療機器の開発の2事業を柱に据える。

粕谷昌宏最高経営責任者(CEO)は幼少から限界のある人間の体に不自由さを感じていた。「ロボット工学と医学であらゆるアイデアを実現できる体を作れないか」。中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン